ジュラシック・ワールド最強恐竜は、一体どの恐竜なのでしょうか?

スポンサーリンク

あの人気シリーズの”ジュラシック・ワールド”
7/13に”ジュラシック・ワールド2/炎の王国がついに日本で公開されました。
私も、昨日の金曜ロードショーでジュラシック・ワールド見て、続編がかなり気になります。

さて、今回はそんなジュラシック・ワールドに登場した恐竜の中で

”最強・最恐の恐竜”

を紹介していきます。

ジュラシック・ワールドには、インドミナス・レックスやインドラプトルのハイブリッド恐竜も登場しています。

ジュラシック・ワールド1・2で最強の恐竜は?

ジュラシック・ワールド1・2で登場した恐竜の中で最強の恐竜をランキング形式で紹介していきます。

これまで、数々の恐竜がジュラシック・ワールドでは、登場しています。
さて、あなたが気になる恐竜はランクインしているでしょうか?

遺伝子組み換えで生まれたハイブリッド恐竜も、もちろん参加。

それでは、早速紹介していきます。

1位:インドラプトル

もちろん、1位はこの恐竜

 

”インドラプトル”

 

正式名称は『インドミナス・ラプトル』

インドラプトルは、最新作『ジュラシック・ワールド2/炎の王国』に登場します。

 

前作と同じように、様々なDNAを組み合わせて作り出された

”ハイブリッド恐竜”です。

 

今回は、ラプトルのブルーのDNAをベースに、色々な生物の遺伝子を組み合わせて生み出された恐竜です。

 

インドラプトルを生み出した人物は、「ヘンリー・ウー」博士
ジュラシック・パークでも登場した、お馴染みの博士です。

 

「インドラプトル」の能力として、ラプトルの遺伝子をベースにしているた、スピード重視で、インドミナス・レックスより小回りが効きます。
凶暴でスピードも速く、後ろの脚のつま先にかぎ爪があるなど

 

これらが、インドミナス・レックスの違いである。
こんな恐竜に襲われたらひとたまりもありませんね。

 

2位:インドミナス・レックス

次は、またもハイブリッド恐竜である

 

“インドミナス・レックス”

 

この恐竜は、”ジュラシック・ワールド”で登場しました。
インドミナス・レックスは、ティラノサウルスのDNAを元に、ラプトルやアベリサウルスなどの肉食恐竜のDNAを含んでいます。

 

インドミナス・レックスが脱走したせいで、ジュラシック・ワールドはめちゃくちゃにされました。

 

なんとこの恐竜、カメレオンのように周囲の環境に合わせて体の色を変えられる擬態能力を持ち合わせています。これは、コウイカのDNAが含まれているからだと、ヘンリー・ウーが説明しています。

 

また、主人公たちがラプトルで倒そうとしていたところ、ラプトルに人間たちを襲えと命令したところを見ても、最恐の恐竜であることは間違いありません。とても利口な恐竜なのです。

 

しかも、インドミナス・レックスは自分が楽しむために狩りをするという残虐な性質を持っています。

他の恐竜と比較しても圧倒的なパワーを持っています。作中では、よろい竜であるアンキロサウルスでもあっさりと倒されてしまいました。

最後は、T-レックスとブルーのコンビにやられてしまいました。

 

3位:モササウルス

今度は、実在した恐竜がランクイン!
それは

 

“モササウルス”

 

です!

 

モササウルスは、白亜紀の海最強の生物といっても過言ではありません。
巨大な体を持つ強力な捕食者であり、当時の海の生体系の頂点に君臨する生物でした。大きな胴体に大きな口…

 

ジュラシック・ワールドでは、空を飛んでいたプテラノドンでさえ食べてしまいました。

 

モササウルスの大きさは、最大で18メートルにまで達したと考えられています。世界最大のジンベイザメと比べても1.5倍の大きさがあったようです。

 

実在した恐竜の中で一番は、やはりモササウルスで決まりですね。
こんな恐竜が海を泳いでいたと思うとゾッとしますね(;・∀・)

スポンサーリンク

4位:T-レックス

恐竜の中で一番人気の高いのではないでしょうか?
そう、

 

”Tーレックス”

です。

T-レックスは、ジュラシックパークでも登場した、パークを無茶苦茶にした犯人です。

 

ジュラシックワールドでは、作中の終盤でインドミナス・レックスと戦うシーンが印象的でした。

 

一度、ボコボコにされ瀕死になったところを、ブルーが助太刀に入り、共闘してインドミナス・レックスと戦うシーンは、見ごたえがありました。

 

パークでもワールドでも、このシリーズでは目玉の恐竜ですね。
モササウルスと比べたら、劣るかと思い、4位とさせていただきます。

 

5位:ブルー

ジュラシックワールド・2/炎の王国で登場する

 

ラプトルの”ブルー”

 

が5位にランクイン!

ブルーは、主人公のオーウェンに育てられたラプトルです。
4姉妹の長女にあたります。

 

ラプトルの足の速さと、集団で狩りをするところから、人間に対する脅威になりますよね。
作中でも、多くの兵士がやられていました。

 

一度、インドミナス・レックスと戦い、敗れ瀕死の状態になるも、T-レックスの窮地に現れともに戦う姿を見て、感動しました。

 

最新作のジュラシックワールド2/炎の王国では大きく成長したブルーが登場することから、どのように活躍するのか期待したいですね。

 

ジュラシック・ワールド最強恐竜を映画観で確かめよう!

今回は、ジュラシック・ワールドで登場した、最恐恐竜をランキング形式で紹介していきました。

やはり、ラプトルやT-レックスをベースに数々の肉食恐竜のDNAを組み合わせて生み出されたハイブリッド恐竜が、1位,2位にランクインさせていただきました。

実在した、恐竜で最強は、”モササウルス”にさせていただきました。
T-レックスに比べると、大きさと凶暴さから、T-レックスより勝っていると思います。

しかし、殺戮生物兵器を作ってしまった人間のほうが、一番恐ろしいのかもしれませんね…

7/13にジュラシックワールド2/炎の王国が、公開されました。
是非、最恐恐竜たちを映画館で確かめましょう!

 

関連記事

➡ ジュラシック・ワールド炎の王国のインドラプトルの大きさは?

➡ ジュラシックワールド2でマルコム博士の吹き替え声優や役割を考察!

➡ ジュラシックワールド2炎の王国吹き替え声優玉木宏・山本耕史の評判は?

➡ ジュラシック・ワールド/炎の王国にブルーが!続編でもかわいいラプトル

➡ ジュラシック・ワールド炎の王国ネタバレあらすじと結末考察!鍵はラプトル

➡ ジュラシック・ワールド2玉木宏吹き替えの評判!山本耕史より声優は下手?

➡ ジュラシック・ワールド2山本耕史の新吹き替え評価は下手・ひどい?

スポンサーリンク