人気映画『ジュラシック』シリーズで、屈指の人気を誇るあのイアン・マルコム博士が、なんとジュラシックワールド2に登場することが分かりました!

スポンサーリンク

ロストワールド以来、実に21年ぶりの再登場となります。

さて、今回はイアン・マルコム博士について詳しく紹介していきます。
再登場ということは、今作で何かのカギになることは間違いないでしょう!

 

イアン・マルコム博士って誰?

となったあなた! 必見です!!

ジュラシックワールド2にマルコム博士登場!

 

ロストワールド以来の登場ということで、ツイッターでは、喜びの声が上がっています。

21年ぶりに帰ってくる『イアン・マルコム博士』

今作にどのようにかかわってくるのか、見ものですね!

 

スポンサーリンク

初登場は・・・

初登場は、『ジュラシック・パーク』の主役であるアラン・グラントやエリー・サトラーとともに、ジョン・ハモンドによってパーク視察に招待された学者のひとりです。

 

数学者として、特に無秩序(カオス)理論学者であり、位相空間のシステムにおいて無秩序(カオス)がないかと視察しにきました。

恐竜のことは、無知であり、グラント博士を真似て、誘き寄せたTレックスに大怪我をするくらいです。

続編である、ロストワール/ジュラシックパークに主人公で登場しています。

吹き替え声優は誰がするの?

日本語吹き替えを担当する声優は、前回に引き続き大塚芳忠です。

大塚芳忠といえば、

・ニコラスケイジ

・ドニー・イェン

・トムハンクス

・ブルース・ウィリス

有名な俳優の日本語吹き替えを担当しています。

また、『真相報道バンキシャ!』では天の声を担当しています!

あのダンディーな声、まさにイケメン博士マルコムにピッタリですね(。-`ω-)

スポンサーリンク

ジュラシックワールド炎の王国で彼が果たす役割とは

マルコム博士は、前回の作品において、研究に携わる研究者たちを“研究一筋で倫理的責任を追わない奴ら”と呼び、ジョン・ハモンドの行為を“破壊を呼ぶ行為だ、有害行為だ”と強く否定しています。

これらからおわかりいただけるように、彼は数学者として以前に誰よりも恐竜(生物/生命)に対するリスペクトを持ち、自然淘汰を重んじている人物なのです。彼は、この作品において誰よりも倫理的であり、正しいことを言っています。そして彼は、恐竜は人間の考えたパターンには従わず、そこにカオス、つまり複雑なシステムに生じる予測不可能性が生まれると考えています。

このように、今回登場する恐竜実験に反対する立場として、研究者や投資家たちと対立する立場にあるということですね。

主人公たちと協力して恐竜保護に携わるのではないでしょうか。

 

ジュラシックワールド2で再登場!マルコム博士に注目!

いかがだったでしょうか。今回は、ジュラシックパーク2で登場したマルコム博士を紹介していきました。

ジュラシックシリーズでは、人気の高い人物になります。
実に21年ぶりの登場となる『マルコム博士』

今回の作品でも重要な人物になるような気がします。
さて、マルコム博士がどのような役目を担っているのでしょうか。

7/13に日本公開されるジュラシックワールド/炎の王国。マルコム博士の活躍を映画館で見よう!!

関連記事

➡ ジュラシックワールド炎の王国グッズ!フィギュアやレゴ・ピンバッジ紹介!

➡ ジュラシック・ワールド炎の王国のインドラプトルの大きさは?

➡ ジュラシックワールド2炎の王国吹き替え声優玉木宏・山本耕史の評判は?

➡ ジュラシック・ワールド/炎の王国にブルーが!続編でもかわいいラプトル

➡ ジュラシック・ワールド炎の王国ネタバレあらすじと結末考察!鍵はラプトル

➡ ジュラシック・ワールド2玉木宏吹き替えの評判!山本耕史より声優は下手?

➡ ジュラシック・ワールド2山本耕史の新吹き替え評価は下手・ひどい?

スポンサーリンク