ロスト・ワールド/ジュラシック・パークのあらすじ・評価について見ていきます。

スポンサーリンク

5月25日放送予定の映画【ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク】。
大人気映画ジュラシック・パークの続編として公開され、大きな話題を読んだ映画です。

しかしその話題性、ちょっと不名誉なものが多かったんです…

今回は、その不名誉な評価やあらすじについて詳しく解説していきます。

ロスト・ワールド/ジュラシック・パークのあらすじ

それでは早速紹介していきます。
今回は、ロスト・ワールド/ジュラシック・パークのあらすじや評価についてです。

まずが、あらすじから見ていきます。

 

舞台は前回(ジュラシック・パーク)から4年後です。

恐怖の出来事からなんとか生還したマルカムに、ジュラシック・パーク計画の立案者でもあるインジェン社元社長ハモンドから世にも恐ろしい話が伝えられます。

その内容とは・・・恐竜を育成していた孤島に、野生の恐竜が放置されたままになっており、なんと自然繁殖を続けていたというものです!!

かつての忌まわしいジュラシック・パーク事件が起きてしまった島(サイトA)とは別に、もう一つ恐竜を育てるための別の島(サイトB)が存在していました。
ここで育てられた恐竜が、ジュラシック・パークに運ばれていたのです。

サイトBは封鎖されており、遺伝子操作により本来なら恐竜は絶滅するはずでした。
しかし、何故か恐竜たちは今も生き延びており、繁殖を続けているとのこと・・・

しかもそんな恐ろしい島に、マルカムの恋人であり、考古学者のサラが調査のため既に現地に乗り込んでいるという話も聞かされてしまいます…
調査隊としてのサイトBへの侵入を依頼されたマルカムは

 

「調査隊ではなく、(サラの)救出隊だ!」

 

として、

 

  • 映像ドキュメンタリー作家でカメラマンとして参加したニック
  • メカニックのイアン

 

と共に再び恐竜たちの待つ恐ろしい島へと足を運び入れることになるのです。

しかし、島に着きサラを連れ帰ろうとするも、恐竜たちの元気に動き回るその姿に魅せられていたサラは、なんと島からの帰還を拒否!

 

「せめて娘だけでも・・・」

 

と、マルカムに黙ってサラに付いてきていた最愛の娘ケリーを連れ帰ろうとすると…
なんと、無数のヘリコプターが飛んできたのです!

 

ハモンドに変わってインジェン社の社長に就任したハモンドの甥・ルドローが、自身の金儲けのために恐竜を連れ去りに来たのです!
しかもその目的は、サンディエゴに新しいジュラシック・パークを再建すること!!

マルカムやサラ、ニックらは協力して捕獲された恐竜の檻を開け、逃がすことに成功。
その後、怪我をしてしまったTーレックスの子供を保護し、サラとニックはトレーラーに連れ帰り治療を行います。

 

しかし、子供の鳴き声に反応し、なんと親のT-レックスが登場!!
トレーラーに体当たりを始めます!

遂にトレーラーは横転!
一体どうなる!?

 

以上があらすじです。
この後更に盛り上がっていくのですが、続きは是非5/25日放送の金曜ロードショーにて御覧ください(^^)

監督はスティーブン・スピルバーグ

ちなみに、この映画はスティーブン・スピルバーグ監督による作品です。

実は、彼が自身が監督した作品の続編をそのまま引き受けたのは現在に至るまで

 

  • ジュラシック・パーク
  • インディ・ジョーンズ

 

の2作しかありません。
ジュラシック・パークは、世界中にその名を響かせる大監督・スティーブン・スピルバーグからしても、本当に思い入れの強い作品だったということかも知れませんね(^^)

 

放送時の見どころはここ!!

 

映画の見どころはやはり超ド迫力の恐竜たち!
その中でも、中盤~終盤にかけて圧倒的なインパクトを与えてくれるのが

 

Tーレックス

 

です!
まさに恐竜の中の恐竜、その大迫力はテレビ画面から出てきそうなほどです。

彼らが大暴れするシーン・・・一瞬たりとも目が話せません!

 

また、もう一つの見どころ。
それは7/13日公開予定

 

新作映画ジュラシック・ワールド/炎の王国

 

の最新情報です。
毎回、金曜ロードショーでは最新映画の放送前に関連映画を放送し、そこで最新最速の秘密情報を公開してくれます。

 

ジュラシックワールドは、2015年日本での興行収入No.1に輝くなど圧倒的な人気と評判でした。
その続編とされている【ジュラシック・ワールド/炎の王国】は、更にアクション・恐竜たちのスケールがアップしているとして既に話題を読んでいます。

主演はガーディアンズ・オブ・ギャラクシーで一躍トップスター入りを果たしたクリス・プラット!
彼が見せる圧巻の演技にも注目が集まります。

一体どういった映画に仕上がっているのか・・・
1ファンとして、私も放送が今から楽しみです♪

不名誉過ぎる評価って?

さて、このロスト・ワールド/ジュラシック・パークは、実は数々の不名誉過ぎる評価を獲得しています・・・

 

全世界興行収入9億ドルを突破するなど、圧倒的なまでの人気を集めた第一作である【ジュラシック・パーク】。
その続編ということで期待を寄せられていたわけですが、結果は・・・惨敗(´・ω・`)

第18回ゴールデンラズベリー賞において

 

最低脚本賞

最低続編賞

最低人命軽視と公共物破壊しまくり作品賞

 

にノミネートされる始末(^_^;)
ちなみに、なんとか受賞は免れています・・・

 

とは言え、興行総売上は6億ドルを突破しており、多くの人達に期待され、映画館に足を運ばせたのも事実です。
まあこれも映画そのものの出来と言うよりは、

 

 

が多かったようではありますが…

うーん、続編が必ずしも愛される作品になるとは限らない!
その証明とも言える一本です(笑)

 

まとめ

今回は、5/25日金曜ロードショーにて放送予定!
大人気シリーズジュラシック・パークの第二弾【ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク】のあらすじや評価について紹介してきました。

 

評価が分かれる映画だったのは事実ですが、私は結構好きです(笑)
やはり圧巻のど迫力シーンであるT-レックスの暴走は、恐怖とワクワクを見ている私達に与えてくれますね。

また、終盤は前作になかった町中での恐竜のアクションも見ることが出来ます。
こちらも、第一弾となるジュラシック・パークではお目にかかることの出来なかった貴重なシーンです。

 

更に、クリス・プラット主演の最新映画【ジュラシック・ワールド/炎の王国】の最新情報も見逃せません。
私の予想では、収益の見込める日本人向けにクリス・プラットの特別予告がお目にかかれるのではないかとかんがえています( ̄ー ̄)

さて、果たして最新作はさらなる飛躍を果たす大人気となるのか。
はたまた、今回放送されるロスト・ワールド/ジュラシック・パークのように、不名誉過ぎる評価を経てしまうのか・・・

いろいろな意味で、この放送回、要注目です!(笑)